任意整理で負担を減らそう~督促をストップさせる~

ニュース一覧

弁護士と司法書士の違い

相談

弁護士がおすすめな理由

任意整理は、弁護士または司法書士に委任することができます。まずはいずれかの法律事務所へ相談に行き、任意整理の手続きや費用について説明を受けます。任意整理をすることが決まったら専門家と委任契約を行います。契約後、専門家は債権者に対して任意整理の受任通知を発送、すると整理完了までの一時的ではありますが返済義務が停止するため、生活を立て直すことに集中できるでしょう。債権者から取引履歴を請求して引き直し計算にて過払い金の確認を行い、債権額を確定します。債権額が確定できたら債権者に対して和解交渉を行いますが、交渉に応じるかは債権者によります。和解を成功させるには専門家の腕次第となるでしょう。成功すれば返済計画を元に債権者に返済を交渉していくことになります。弁護士と司法書士の違いは主に費用の違いと言われています。弁護士に比べて司法書士の方が安い傾向にあり、費用を抑えたい方は司法書士を選択する人も少なくはありません。しかし司法書士は債権者1社あたり140万円の交渉・訴訟代理権しか持ちません。つまり140万円を超える債務を任意整理する場合、司法書士では交渉権を持たないのでそもそも依頼できないことになります。また、民事事件交渉の経験も弁護士の方が高いので、司法書士を選ぶよりも任意整理経験が豊富な弁護士に依頼した方が交渉成功率が高まるとも言えるでしょう。いずれにしても交渉力になるので、それを基準に専門家を選ぶことが大切です。